本文へジャンプ ポロト便り

2017年 5月

ホーム 

  ●5月22日  フキの穂

  フキノトウが大きくなるとこうなります。
  フキノトウをつくるアキタブキには雄花と雌花があります。
  綿毛をたくさんつけているのは雌花。雄花はもう役割を終えて枯れてしまいました。
  フキの綿毛は風に飛ばされ、遠くまで飛んで行きます。
  うまく風をつかまえられるように、茎が伸びて背が高くなっています。



  ●5月19日   ヒメシャクナゲ

  小さな小さなピンクのシャクナゲが、釧路湿原に咲いていました。
  あまりにも小さいので、木道を歩いていると見落しそうになります。
  しかし、これでも木です。
  ミズゴケの中にひっそりと咲いていました。



  ●5月17日   ユキワリコザクラ

  久しぶりに晴れました。晴れると暖かくなります。外仕事が楽しくなります。
  案内舎の敷地にユキワリコザクラが一輪咲いていました。
  写真では大きく見えますが、小指ほどの背丈もない小さな花です。
  陽だまりの中でピンクの花びらを精いっぱいひろげていました。



  ●5月16日   雨上がりの夕方

  ポロト沼にシカの群れが現れました。
  最近は夕方に群れで水を飲みにやって来ます。
  先ほどまでタンチョウの親子がいた岸辺で、シカたちが楽しそうに過ごしていました。



  ●5月15日  どうするの?

  案内舎の庭の巣箱にアリスイが来ていました。
  ときどきやって来ます。
  まだ巣の場所を決めかねているようです。
  3年前から巣箱をかけ、毎年アリスイが興味を示しますが、いまだ営巣していません。
  今年はどうするのでしょうかね。



  ●5月14日   2羽生まれました

  ポロト沼のタンチョウに2羽のヒナが生まれました。
  今日初めてその姿を見ることができました。
  小さなヒナたちは、懸命に親の後をついて歩いています。
  今日はとても寒い日。
  少し活動すると、座り込んだ親の羽に潜り込んで、暖めてもらっていました。



  ●5月10日   フデリンドウ

  春の陽気に誘われるように、小さな小さなリンドウが陽だまりに咲いていました。
  親指の爪とほぼ同じ大きさの花です。
  青い花弁が春の空を思わせます。
  そばの山桜はピンクのつぼみを膨らませていました。



  ●5月9日  ノビタキ

  ノビタキの姿をよく見かけるようになりました。
  案内舎の庭に毎日現れては、高い木や低い木の枝にとまって、さえずっています。
  メスの姿も見かけます。
  オスはなわばりとメスを獲得する大事な時期です。



  ●5月8日  ヨブスマソウ

  地面から槍のような植物が出てきました。
  これから大きな葉を広げます。
  その葉の形がコウモリに似ているのでヨブスマソウ。
  ヨブスマはムササビのこと。
  葉の形が滑空しているムササビに似ています。
  北海道にはムササビはいないので、モモンガですね。



ポロト案内舎
 〒088−1403 北海道厚岸郡浜中町幌戸126