本文へジャンプ ポロト便り

2017年 6月

ホーム 

  ●6月29日  エゾライチョウ

  林道を車で走ってエゾライチョウを探しました。
  林道の終点が近づいたころ、ようやく見つけました。
  母親が路の上で周囲に気を配っています。
  草むらから小さなヒナが飛び出してきました。1羽、2羽、3羽・・・・7羽、8羽。
  8羽以上いたかもしれません。
  ヒナは素早く走り、短い距離なら飛ぶこともできます。こんなに小さいのに、ビックリです。



  ●6月28日   カッコウ、カッコウ

  いつ聞いてものどかで平和な声です。
  昼下がりに鳴かれると眠気をもよおします。
  しかし、カッコウはとても忙しそう。
  2羽のオスが激しく鳴きながら追いかけあっていました。



  ●6月27日   オオバナノエンレイソウ

  霧多布岬で見つけました。
  ひとつやふたつではなく、あちらこちらで見られました。
  森の中のオオバナノエンレイソウは、すでに枯れてしまい、葉を見つけることも困難です。
  ところが岬はまだまだ元気。
  冷たい空気と覆うもののない明るい環境が良いのでしょうね。



  ●6月24日   まだまだ見ごろ

  霧多布湿原のワタスゲは健在です。
  初夏の湿原は緑よりも白が優勢。
  遠くの方は雪が積もったみたいに真っ白です。
  先日、地元の新聞に20年に一度の当たり年と紹介されていました。



  ●6月21日  白いクシロハナシノブ

  何だろうと思った白い花。
  クシロハナシノブだと気づくまでちょっと時間がかかりました。
  白い花は初めて見ました。
  いつものヤチボウズ木道に一株だけ咲いていました。



  ●6月20日  カラマツソウ

  どんより霧の日が続いた後に、晴れの日がやって来ると気分がいいものです。
  爽やかな霧多布の初夏には、カラマツソウがよく似合います。
  カラマツの新緑を思わせる花。
  白さが緑に映え、清涼感いっぱいです。



  ●6月19日  オオジシギ

  早朝から夜まで、鳴きながら飛び回り、急降下を繰り返すオオジシギ。
  疲れるのでしょうね。
  急降下の羽音が聞こえないと思ったら、枝の上で鳴いていました。
  オオジシギの子育てはまだまだ続きます。



  ●6月14日   オオジュリン

  黒い顔のオオジュリン。黒い部分が盛り上がって頬かむりをしているみたいです。
  普段とは違う表情。人が近づいても逃げません。
  変だなぁと思っていたら、すぐそばにメスがいました。
  彼はメスに求愛していたのですね。邪魔しました。
  黒い羽毛を立たせ、顔を大きく見せるのが彼らの求愛なのですね。
  くちばしの下の黒い部分も膨らんで見えます。



  ●6月13日   ワタスゲの穂

  初夏の霧多布湿原は、ワタスゲの穂に覆い尽くされます。
  特に今年は見事です。
  昨年が稀に見る不作の年でしたから、今年は湿原が真っ白になるほどの当たり年です。



  ●6月12日   ハナタネツケバナ

  霧多布では見たことのないハナタネツケバナ。
  釧路湿原の木道沿いにたくさん咲いていました。
  ちょうど今が見頃です。
  氷河期の生き残りと言われるこの花。
  清楚な白が初夏の湿原を爽やかに彩っていました。



  ●6月7日  オオハクチョウ

  霧多布湿原の小さな沼に、ハクチョウがポツンと1羽で浮かんでいました。
  実は、昨日も同じ場所にいました。
  ケガをして北へ帰れなかったのでしょうか?
  弱っているようにも、さびしそうにも見えました。
  仲間が戻ってくる秋まで、元気に過ごせるといいですね。



  ●6月6日   ノビネチドリ

  薄暗くなった森の中に、鮮やかなピンクを見つけました。
  ノビネチドリが陽だまりにひっそりと咲いています。
  エゾムシクイやコマドリの声が近くから響いてきます。
  森の奥でひっそりと咲いている野生の欄。
  森の精に思えました。



  ●6月5日  新緑の始まり

  長い雨があがると、森は緑に変わっていました。
  オオバナノエンレイソウが元気を失くし、サクラの花ももうおしまいです。
  これからは木々の葉が勢いよく開き、柔らかな緑が広がります。



  ●6月1日   山菜食べ放題

 案内舎の敷地内で、ウドやフキ、コゴミがたくさん採れます。
 特にフキはたくさん茂っています。
 ウドやコゴミは他の地域ではもう終わっている頃ですが、寒いポロトでは今が旬です。



ポロト案内舎
 〒088−1403 北海道厚岸郡浜中町幌戸126