本文へジャンプ ポロト便り

2017年 7月

ホーム 

  ●7月18日    ノビタキの巣立ちビナ

  案内舎の庭にノビタキの巣立ち雛がようやく現れました。
  地面付近の木の枝にとまって、親が虫を運んでくれるのを待っています。
  じっと動かずに隠れているようですが、親が近くに現れると、もうダメです。
  「ジ、ジ、ジジッジジッジ」と鳴いて、翼を震わせ食事をねだります。
  隠れていてもすぐにわかってしまいました。



  ●7月16日   涙岬

  久しぶりに涙岬を訪れました。
  乙女の横顔に見える崖の表情が変わっていました。
  もう乙女には見えません。
  よく見ると崖の一部が崩れ、下の斜面に土砂がたまっています。
  そして亀裂も見られます。
  この亀裂から崩落すれば、人の横顔には見えなくなりますね。



  ●7月11日   朝の声

  ちょうど犬たちと散歩している頃、庭の木でノゴマが鳴いています。
  散歩を終えて家に帰ると、鳴いている鳥が変わっています。
  赤いベニマシコが、先ほどまでノゴマが鳴いていた木でさえずっています。
  ここ当分はにぎやかな案内舎の庭です。



  ●7月10日  霧多布湿原

  花の主役がワタスゲからエゾカンゾウに変わって来ました。
  いま、エゾカンゾウが見頃です。
  オレンジの花の後ろにはワタスゲの白い穂もまだ見られます。



  ●7月9日   暑くなって

  ようやく暑くなってきました。半袖の服が着られます。
  暑いときは霧多布岬が気持ちいい。
  ちょうど今は花が見頃です。
  崖の斜面にエゾカンゾウのオレンジ、ヒオウギアヤメの青、トウゲブキの黄色が見事です。



  ●7月8日  ネムロシオガマ

  海岸の崖にひっそりと咲いていました。
  クリーム色の花が螺旋状についています。
  クシロハナシノブにしてもこの花にしても、土地の名前がついた花があるのはうれしいです。
  いつまでもこの地に残っていてほしい花です。



  ●7月7日  ポロトのミサゴ

  時期外れに1羽でやって来たミサゴ
  ちゃんと食べているのか気になっていましたが、電柱の上で食事中の姿を発見。
  ポロト沼にはたくさんの魚がいるようです。安心しました。



  ●7月6日   大物ゲット

  ポロト沼のタンチョウが泳いでいました。
  くちばしには大きな魚をくわえています。マスのようです。
  岸に泳ぎ着き、魚をつついたり、振り回して調理。
  ヒナが興味をもって近づいてきましたが、渡す様子はありません。
  魚の頭を食べ、内臓をつついた後に、丸呑みしました。
  ちょっと大きすぎたようで、数分間、苦しそうにくちばしを少し開いてじっとしていました。
  魚がひっかかっているようです。
  ようやく呑み終え、満足した様子でした。



  ●7月5日   夏のミサゴ

  夕方、暗くなりかけたころにミサゴが1羽ポロト沼に現れました。
  5月と10月に定期的にポロトに訪れていますが、7月は初めてです。
  どこか近くで繁殖しているのでしょうか?
  暗くなるまで電柱の上で沼を見つめていました。



  ●7月4日  すっかり夏色

  夕方、森からポロト沼にシカの群れが出てきました。
  メスの群れです。
  親子のシカが案内舎の近くに現れ、草を食んでいました。
  夏毛のシカは赤く見えます。
  白い斑点がよく目立ちます。
  しかし、森の中では、この鹿の子模様が保護色になります。



  ●7月3日  ツツドリ

  案内舎の電線にツツドリがとまって、さかんに鳴いていました。
  「ポ、ポ、ポ、ポ」と鼓を打つような声。
  その間、近くでウグイスが「ケキョ、ケキョ、ケキョ」と警戒の声を出していました。
  ツツドリに卵を産み付けられないように用心していたのですね。
  ツツドリはしばらく鳴いて、飛び去りました。



ポロト案内舎
 〒088−1403 北海道厚岸郡浜中町幌戸126