本文へジャンプ ポロト便り

2017年 8月

ホーム 

  ●8月20日  バラサン沼

  静かな沼。
  鏡のような水面に青い空と雲が映っています。
  写真には写っていませんが、遠くではタンチョウが食事中。
  いつ来てもホッとする場所です。



  ●8月19日   白い馬と黒い馬

  霧の沼で2頭の馬がじゃれあっていました。
  黒い馬がかまってもらいたくってちょっかいを出している様子。
  白い馬は迷惑そう。
  でも見ていて楽しい光景でした。



  ●8月18日  グルングルン

  霧多布岬で3頭のラッコを見つけました。
  波の静かな岸近くで昼寝をしていたかと思うと、その場でぐるぐる回りながら毛づくろいを始めました。
  8月になってラッコをよく見かけるようになりました。
  岬に出かけるのが楽しみです。



  ●8月15日   お盆を過ぎると

  霧多布湿原が緑からだんだんと茶色になりつつあります。
  お盆を過ぎると秋風が吹き始め、ススキの穂がざわざわと動きます。
  特に今年は寒い夏。秋の訪れが早いようです。



  ●8月13日   藻散布沼のツル

  ポロト沼にはタンチョウが戻って来ていませんが、散布沼のツルは健在でした。
  1羽だけのヒナは親と同じくらいの大きさに成長しています。
  もう飛べるのかな?



  ●8月12日  岬のラッコ

  しばらく姿を見かけなかった霧多布岬のラッコ。
  8月になってよく見るようになりました。
  しかも2頭現れます。
  豆粒みたいに遠くの場合もありますが、今日は肉眼でもはっきり見ることができました。



  ●8月11日   泳ぐシカ

  早朝のポロト沼。水しぶきをあげながらシカの群れが泳いでいました。
  足の届く浅いところでは余裕の表情。
  でも子どものシカは泳いでいます。



  ● 8月9日  牧草地の鳥

  ポロト沼が通常に戻ったので、タンチョウ親子も戻って来るかと期待していました。
  しかし、ツルは今だ戻ってきません。
  牧草地が気にいったのでしょうか?
  緑の草地で何やら食べ物を探していました。
  ヒナが飛べるようになったら帰って来るかな?



  ● 8月8日    戻って来ました

  7月に10日ほどポロト沼に滞在していたミサゴが、再び現れました。
  7月の個体と同じかどうかはわかりません。
  しかし、それほど数の多い鳥でないこと、夏に現れるのは珍しいこととで、同じ個体と思われます。
  今回は沼の上を旋回しながら獲物を探す様子も見られました。



  ●8月5日   あなたは誰?

   ぼんやりとたたずむヒナ鳥。くちばしの根元がまだ黄色いままです。
   これと言って特徴がないので、何の鳥だかわかりづらいですね。
   でも丈夫そうな足を持っています。地面を走りまわるのが得意そう。
   しばらくすると親が近くに飛んで来ました。ノゴマです。
   バラバラになったヒナ鳥を探しているみたいで、大変そうでした。



  ●8月4日   昆布漁

  早朝の霧多布岬。たくさんの小型漁船が海面に浮かんでいました。
  昆布漁の真っ最中です。
  長い竿を巧みに操って、長い昆布を船上に引き上げています。
  船には昆布の山が見られました。



  ●8月1日   泳ぐツル

  ポロト沼のタンチョウ親子はピンチです。
  海が荒れ、波が海にそそぐ河口を砂でふさぎました。
  沼は干潮時に水がひきません。浅くならないので、ツルたちは魚を獲ることができません。
  昨日は岸辺をうろうろと歩き回っていましたが、今朝は沼を泳いで渡っていました。
  1羽の親の後を2羽のヒナが続きます。
  目指すはもう1羽の親が待つ岸辺。
  泳ぎは上手で難なく到着しましたが、これから食べ物探しが大変です。



ポロト案内舎
 〒088−1403 北海道厚岸郡浜中町幌戸126