本文へジャンプ ポロト便り

2018年 7月

ホーム 

  ●7月28日  ショウドウツバメ

  ポロト沼や周辺の湿原にたくさんのショウドウツバメが群れています。
  なかには、電線にとまって、ゆっくり羽づくろいをしているものも見られます。
  どうやら、巣立った子ツバメたちが、いっせいに現れ、沼周辺で集っているようです。
  これからもうしばらく、南へ帰るまでの時間を、ポロト沼周辺で過ごします。



  ●7月26日   アオバト

  朝、案内舎の近くの木に1羽のアオバトがとまっていました。
  緑の背景に緑の鳥は目立ちません。
  この鳥、鳴き声がとてもユニークです。
  「オーアオ、オーアー、アーオ、アオ」と聞こえます。
  とても鳥の声には思えませんね。



  ●7月25日  今日は魚

  親が大きめの魚を捕まえました。
  ヒナに与えるには少し大きいかな?
  親が何度も何度もくちばしで魚をつついたり、地面に打ちつけたりしています。
  魚の骨をバラバラにして、ヒナが食べやすくしているようです。
  そばでアオサギが、物欲しそうに歩き回っていました。



  ●7月24日    ノリウツギ

  こちらも夏の花、ノリウツギです。
  案内舎の裏の林を彩っています。
  3m〜5mほどの低木ですが、霧多布湿原では膝丈ぐらいしかありません。
  栄養の乏しい湿原では、大きくなれません。
  それでも、白い涼しげな花の存在感は抜群です。



  ●7月23日    ホザキシモツケ

  案内舎のサウナ小屋の裏に、ホザキシモツケの花が咲き始めました。 
  緑の中にピンクの花が、ひときわ目をひきます。
  ポロトの湿原は緑一色になりました。
  そのところどころに、ぽつぽつとホザキシモツケが咲いています。



  ●7月22日   毎日賑やか

  案内舎の庭にノビタキ家族が来ています。
  まだ飛ぶのが上手ではない巣立ち雛が、パタパタ飛び交っています。
  お互いに声をかけ合い、居場所を教え合っているので、とてもにぎやかです。
  親が虫をくわえて現れると、我先に親のもとに飛んで来ます。
  まだまだ親に食べ物をねだって暮らしています。



  ●7月21日   コサメビタキ

  今年も案内舎の庭に現れました。
  夏になるとやって来る小鳥です。
  大きなまん丸の目が特徴的。
  巣箱の上や枝先から、空中を飛翔する虫を狙っています。



  ●7月20日   ベビーラッシュ

  案内舎の庭に、巣立ったばかりの鳥たちがやって来ました。
  前庭には、ノビタキ家族。
  裏庭には、シジュウカラ、ハシブトガラ、ヒガラ、エナガの子どもたち。
  どちらもにぎやかに鳴きながら、しばらく滞在していきました。
  写真はシマエナガの子どもです。
  子どものうちは、顔が真っ白ではありません。



  ●7月19日   子育て中?

  朝、ノゴマが案内舎の庭にやって来ました。
  よく目立つ小枝のてっぺんで、羽づくろいをしたり、背伸びをしたり。
  なんだか疲れている様子。
  子育てをほっぽいて、サボっているのかも?



   ●7月18日   夏のミサゴ

  昨年に引き続き、夏のポロト沼にミサゴが現れました。
  秋には、複数のミサゴが渡りの途中に立ち寄るのですが、夏は珍しいです。
  去年の個体が忘れずに、今年もやって来たのでしょうか?
  オジロワシの存在を気にしながら、沼の上空を飛び回っていました。



   ●7月17日  カワアイサのヒナたち

  ポロト沼のカワアイサのヒナ、見違えるほどに大きくなりました。
  全部で6羽います。十数羽だったヒナが半分になっていました。
  それでもこれだけ残ればよい方です。
  親と変わらぬくらい大きくなりましたが、オジロワシに狙われることがあります。
  これからも生き残っていくのは大変です。



  ●7月16日  ネムロシオガマ

  今日は気温が急上昇。霧多布でも30℃を超えました。
  こんな暑い日は、霧多布岬が最高に気持ちいい。
  気温は20℃を下回っていました。
  遊歩道沿いのが崖に。クリーム色のネムロシオガマが咲いていました。



   ●7月15日  雨に打たれて

  今日は一日激しい雨になりました。
  雨の中、電線にとまったカッコウ。
  雨に打たれ、背中が曲がっています。
  いつもなら元気に「カッコウ、カッコウ」と鳴くのですが、そんな気分ではなさそうです。
  しょんぼりと飛んで行きました。



  ●7月13日   変身中

  ポロト沼のタンチョウのヒナが、日増しに白くなってきました。
  体も大きくなって、親の背丈に並びそうです。
  翼の羽が伸びてきたら、飛ぶ練習が始まります。
  飛べるようになるのは、8月の初めになるでしょう。



  ●7月8日  ポロト沼の夕暮れ

  久しぶりにに晴れました。
  ねぐらに戻るタンチョウ一家と、岸辺に出てきたエゾシカ家族が、交錯しました。
  タンチョウのヒナは、少しシカが怖いようです。
  子鹿はタンチョウに興味津々。
  興奮して走り回り、ヒナがその様子を首を伸ばして見ていました。。



  ●7月7日  エゾカンゾウ、見ごろ

  霧多布湿原のエゾカンゾウが見ごろを迎えています。
  遠くからでも湿原の一角がオレンジ色に染まっているのがわかります。
  今年はワタスゲがほとんどないので、少しさびしい感じです。
  しかし、ノハナショウブがすでに咲き始めていました。



  ●7月4日   スクランブル

  オジロワシがポロト沼上空に現れると、どこからともなくカラスが飛んで来ます。
  カラスはワシの上を鳴きながら飛び回り、威嚇します。
  カラスのなわばりに、ワシが入り込んだ時に見られる行動です。
  緊急発進したカラスは、ワシがなわばりから出ていくまで追撃します。
  時には、ペアのカラスが共同で追い払うこともあります。
  狩りに出たワシにとって、カラスは迷惑な存在です。



  ●7月3日   背比べ

  ポロト沼にタンチョウ親子が出てきました。
  ヒナは親の後にくっついて、親が食べ物を捕まえるのを待っています。
  親と比べてみると、足の長さはもう変わりません。
  しかし、体や首、くちばしは、まだまだ小さいですね。
  後、1か月ほどで親と同じくらいに大きくなり、飛ぶ練習を始めます。



  ●7月3日   雨空

  梅雨を思わせる、ぐずついた天気が続いています。
  ポロトの湿原は、まだ緑よりも灰色が勝っています。
  この雨で、一気に緑が広がることでしょう。
  緑一色になるまでもう少し。そして、あっという間に灰色に戻ります。
  一瞬の夏です。


  ●7月1日   チュウヒ

  湿原に暮らす鷹、チュウヒがポロトに現れました。
  ジグザグに飛びながら獲物を探しています。
  チュウヒの好物はネズミです。
  右に左に、低空を丹念に飛翔しながら、近づいたり遠ざかったり。
  ほとんど羽ばたかずに飛んでいました。


ポロト案内舎
 〒088−1403 北海道厚岸郡浜中町幌戸126