本文へジャンプ ポロト便り

2018年 10月

ホーム 

  ●10月17日   のんびり昼寝

  最近の霧多布岬は、ラッコの遭遇率がほぼ100%。
  今回も静かな内海に、プカプカ2頭が浮かんでいました。
  この2頭は母親とその子供です。
  大きく育った子供は、母親との区別がつきにくいほど。
  暖かな日差しに包まれて、気持ちよさそうに昼寝をしていました。



  ●10月15日   集まっています

  霧多布湿原の水の出口、琵琶瀬川口にたくさんのカモが群れています。
  その多くはオナガガモとヒドリガモです。
  逆立ちをするように、水面に首を突っ込んで食事をするカモ。
  岸に上がって、のんびり羽づくろいや昼寝をするカモなど、まちまちです。
  このカモの大半は、寒くなる前にもっと南に移動します。



  ●10月14日   幻想的な朝

  湿原の奥から現れた霧が、ポロト沼にたちこめています。
  この時期、風のない晴れた早朝に、この光景が見られます。
  朝日を受け、何もかもが金色に輝く瞬間です。



  ●10月12日   黒いオスジカ

  黒くて大きなオスジカがポロトに現れました。
  夏は、鹿の子模様のかわいい体色ですが、今は力強さを感じる黒です。
  この黒は、森や湿原の黒土を体にこすり付けて演出します。
  森や湿原を歩くと、シカが体をこすりつけた跡が残っています。
  特に首の周りは念入りに、黒く化粧します。
  首が太く見え、いかにも強そうです。
  大きな角の先端は、白くなっています。
  これも強そう。
  森の木に角をこすり付け、ピカピカに磨ぎあげます。
  恋の季節を迎えたオスジカ。かなりがんばって強く見せています。



  ●10月11日  今年も来ました

  オオハクチョウが、この秋初めてポロト沼にやって来ました。
  例年並みの初飛来日です。
  オオハクチョウは沼でしばらく休んだのち、飛び立っていきました。
  これからいろいろな場所でオオハクチョウを見かけるようになります。



  ●10月7日  近づく虹

  台風から変わった低気圧が、大荒れの天気をもたらしました。
  三連休で、予定が狂った人も多いかと思います。
  午後には薄日が差してきました。そして大きな虹が出ました。
  この虹、見ていると、遠くから近づいてきます。
  虹は追いかけたら消えるもの。近づいてきた虹はどうなるのか?
  やっぱり消えました。
  出もすぐ近くに見えて感動しました。



  ●10月5日  冷え込む朝

  まだ霜は降りませんが、沼の水面から霧が立ち上がっていました。
  白い鳥は、ダイサギです。
  春と秋の渡りの時期にポロト沼にやって来ます。
  遠くにいると、タンチョウと間違うことも。
  まだアオサギもたくさんいます。



  ●10月4日   ちょっと怖い

  ポロト沼にたくさんのオジロワシが集まっています。
  そのほとんどが若鳥です。
  サケの遡上が盛んなこの時期は、沼で簡単に食べ物を手に入れることができます。
  ワシのそばをタンチョウ親子が通過していきました。
  親のツルは、ワシたちに睨みを利かせるように闊歩して行きました。
  子どものツルは、ワシが怖いのか、首を縮め、下を向き、少し離れて足早に歩いて行きます。
  その様子を見て、近づいてくるワシもいます。
  親ツルがいるので、さすがに攻撃はしませんが、脅しているようです。



  ●10月1日   入れ替わり

  霧多布岬の先端部、大きな岩の上にたくさんの鵜が休んでいます。
  この岩は鵜たちの休憩場所。
  岩の上の白い部分は鵜の糞です。
  よく見ると2種類の鵜が混じっています。ウミウとヒメウです。
  体の大きなウミウが岩の平らな部分に、小さなヒメウは下の崖にいます。
  ウミウは夏の間ここで繁殖し、これから南に渡っていきます。
  これと入れ替わるように、ヒメウが北から渡って来ました。
  秋は鳥の移動の季節ですね。


  


ポロト案内舎
 〒088−1403 北海道厚岸郡浜中町幌戸126