本文へジャンプ ポロト便り

2018年 11月

ホーム 

  ●11月14日   出 立

  昨日のお昼前、ポロト沼の湿原から3羽のタンチョウが飛び立ちました。
  沼の上空で、大きく円を描き、高度を上げていきます。
  3羽の中央にいるのが幼鳥です。
  幼鳥の様子を見守りながら、高く、高く舞い上がっていきます。
  そして、ゆっくり南に飛び去りました。
  今日、ポロト沼にタンチョウの姿はありません。
  彼らは越冬地に向けて旅立った様です。



  ●11月12日   2羽のオオワシ

  ポロト沼に2羽のオオワシが降りていました。
  海とつながっているこの沼は、干潮時には干潟ができます。
  浅くなった沼に立つオオワシ。大きさにかなりの違いがありますね。
  猛禽類は大きい方がメスなのです。



  ●11月8日   若ワシ

  今シーズン初めて、オオワシの若鳥がポロト沼に現れました。
  カラスに尾羽をつつかれながらも、一心に食べています。
  よほどお腹がすいていたのでしょうね。
  オオワシはまず成鳥が現れ、しばらくしてから若ワシがやって来ます。



  ●11月7日    晩秋

  カラマツが最後の色を放っています。
  この黄葉が散れば、森はすっかり冬支度が整います。
  あとは雪を待つばかり。
  今年はどんな冬になるでしょうか。



  ●11月5日   太陽礼拝

  案内舎の裏の森に、オジロワシが見張り台に使っている木があります。
  そこで翼を半開きにし、太陽に向かってたたずんでいました。
  厳かな顔。太陽に祈りを捧げているように見えます。
  しかし、これは濡れた体を乾かしているときのポーズ。
  早朝に沼に飛び込んで狩りをしたのでしょう。



  ●11月3日   シマエナガ

  「ジュリ、ジュリ、ジュリ」
  シマエナガの声が聞こえたと思ったら、次から次に姿を現しました。
  真っ白な顔が可愛らしい鳥です。
  30羽くらいの群れが、案内舎の庭の木々に鈴なり。
  しかし、動きが早い。
  あっという間に、群れは通り過ぎて行きました。



  ●11月2日    タンチョウ家族

  深まる秋のポロト沼。タンチョウ家族がヨシの間から姿を現しました。
  寒さが厳しくなる前に、越冬地に向けて旅立つ頃です。
  慣れ親しんだポロト沼に別れを告げる日はもうすぐ。
  タンチョウの姿が消えると、寂しさを感じます。



  ●11月1日  カラマツ黄葉

  広葉樹の紅葉が終わるころ、カラマツの紅葉が見ごろを迎えます。
  森の木々が裸になった中で、緑から黄色に色づくカラマツが存在感を増しています。
  カラマツの葉が風に散ると、森はすっかり冬支度を終えます。

  

ポロト案内舎
 〒088−1403 北海道厚岸郡浜中町幌戸126