本文へジャンプ ポロト便り

2024年

ホーム 

Turn back 2023

  ●6月12日   小鹿

  メスジカが1頭で行動するのは、普通ではない。
  と、思っていたら、生まれて間もない子供のシカが出てきました。
  母親は群れから離れ、隠していた子供のところに来ていたのです。



  ●6月10日   クロユリ

  湿原の木道の脇にひっそりと咲いていました。
  下を向いて咲く百合です。目立たない黒でも大丈夫。
  悪臭を放ち、それが大好きな昆虫を誘っています。



  ●6月8日   オオバナノエンレイソウ

  森の中では新緑が広がり、可憐なこの白い花を見かけることが無くなりました。
  が、しかし、霧多布岬では今なおたくさん咲いています。
  日の光を遮るものがなく、冷涼な岬だからでしょう。



  ●6月5日   ポロト沼の若ワシ

  緑が沼の岸を彩るようになりました。
  今日は若いオジロワシが岸辺に降り立っていました。
  何か食べ物があるのでしょうか?
  めっきり鴨が数を減らした沼で、ワシだけが目立っていました。



  ●6月2日   岬のラッコに赤ちゃん誕生

  岬の遊歩道から見える海面に、複数のラッコが浮かんでいました。
  食事が終わり、お昼寝の時間だったようです。
  2頭のラッコは、生まれたばかりの子どもを抱いていました。
  子どもはまだ動きがほとんどありません。



  ●5月21日    ダイサギの群れ

  ひと頃前までは、シラサギは珍鳥でしたが、今は普通。
  春にはダイサギの群れが沼にやって来ます。
  夏まで居残るものもいますよ。



  ●5月20日   フキの綿毛

  春一番に咲く花は、フクジュソウとアキタブキ。
  フクジュソウはどこに行ったやら影も形も見られませんが、アキタブキはたくさんの綿毛をつけて存在感満載です。
  ベニマシコやカワラヒワが大喜びでこの種を食べに来ます。



  ●5月18日   サクラサク

  ポロトの森にもようやく桜が咲き始めました。
  海からの冷たい風が入り込むためか、周りの桜が散り始めている頃に、ピンクになります。
  そして、あっという間に散ってしまいます。



  ●5月16日   ベニマシコ

   庭の木にベニマシコがとまって、囀っていました。
   この時期は一段と赤みが増して見えます。
   彼らの好物のフキの綿毛もたくさん見られるようになりました。



  ●5月14日  岬のラッコ

  ツアーで霧多布岬に行ってきました。
  暖かい日差しの中、ラッコがぷかぷか浮いて、昼寝をしていました。
  子供を連れたラッコは見かけませんでした。



  ●5月12日   ポロト沼のタンチョウA

  1羽の姿しか見えません。
  もう一度抱卵を始めたようです。 
  うまくいけば、6月の初め頃にはヒナの姿が見られるかもしれません。



  ●5月5日  ポロト沼のタンチョウ@

  抱卵をやめて、カップルで沼に出て来ました。ヒナの姿はありません。
  失敗したようです。
  この後もう一度チャレンジするかもしれません。
  まだ時間はあります。



  ●5月2日  水芭蕉

  沢に咲き始めました。
  秋の終わりには芽を出し、長い冬をやり過ごし、ようやく春の日差しの中で花を開きました。
  白く見えるのは仏炎苞と呼ばれる虫を誘うための飾りです。
  花は細長い棒状の回りに無数に小さく咲いています。



ポロト案内舎
 〒088−1403 北海道厚岸郡浜中町幌戸126