本文へジャンプ ポロト便り

2020年 11月
1月1月1月1月1月1月1月1月1月1月1月1月

ホーム 

  ●11月19日    待った甲斐が

  早朝、オオワシが水の中に飛び込み、もがきながらサケを岸に引きずり上げました。
  ようやく食事にありつけました。
  むさぼるように食べていました。



  ●11月17日    寝ずの番

  昨日の夕方、オオワシが森から飛んできて沼ノ端に立つ電柱にとまりました。
  そのまま暗くなり、そして夜が明けてもまだ電柱の上にいます。
  風のない夜でしたから、電柱の上で一晩、流れ星を見ながら過ごしたのでしょうね。



  ●11月16日    早朝

  ようやくあたりが明るくなり始めたころ、大きなオスジカが笹原で休んでいました。
  夜の間、案内舎の周りで鳴いていたシカでしょうか?
  疲れてまどろんでいるようです。



  ●11月12日   定位置

  オオワシがポロト沼の電柱の上にとまっていました。
  ここはこの時期オオワシのお決まりの見張り台です。
  遅くに上がってくるサケをここで辛抱強く待っています。



  ●11月10日    いまだ活動中

  シマリスが案内舎の裏庭にやって来ました。
  冬は地面の巣穴に引きこもって春を待ちます。
  冬を前にやり残したことがあるのかな?
  薪の間を元気に走り回っていました。



  ●11月9日   さすがはオオワシ

  岸辺でオオワシが食事中。
  そこにタンチョウカップルが近づいて威嚇。
  しかし、オオワシは無視して食事を続けます。
  全く動じる気配のないオオワシに、タンチョウは諦め、去っていきました。



  ●11月6日     遊ばれている

  若いオオワシが岸辺に降りていました。
  そこにたくさんのカラスが群がり、若ワシをからかっています。
  空中から背中にとびかかったり、地面では尾羽をひっぱたり。
  やりたい放題です。
  隣には成鳥のオオワシがいましたが、カラスは見向きもしませんでした。



  ●11月5日   貸し切り

  ポロト沼にオオハクチョウがやって来ました。
  群れは沼を通過していきますが、この2羽は別です。
  2羽だけの沼。プライベートな空間を楽しんでいるようでした。



  ●11月4日   待機中

  沼に戻ってくるサケが少なくなりました。
  それにつれオジロワシの数も減りました。
  縄張りの主は、いつもの見張り台で沼を見下ろしています。
  沼にいるよりも見張り台にいる時間が長くなっています。



  ●11月2日   晩秋のポロト

  夕日を浴びてきれいに輝きました。
  森の木々が柔らかな光を反射しています。
  湿原も淡い色合い。
  冬が来る前の静かな景色です。



  ●11月1日  早朝のオオワシ

  ポロト沼の岸辺に1羽のオオワシがたたずんでいました。
  まだまだオオワシは数が少ない時期です。
  オジロワシが圧倒的に多く、ちょっとしょんぼりした感じに見えます。
  これから寒気とともにオオワシが渡ってきます。




ポロト案内舎
 〒088−1403 北海道厚岸郡浜中町幌戸126