本文へジャンプ ポロト便り

2021年 11月
1月1月1月1月1月1月1月1月1月1月1月1月

ホーム 

  ●11月23日   渡ってきました

  ポロト沼にホオジロガモがやって来ました。
  まだエクリプス羽のままです。
  冬が深まると、オスはきれいな繁殖羽に変わります。



  ●11月21日   準備万端

  すっかり葉を落としたポロトの森。
  いつ雪が来ても大丈夫。
  この冬の雪の具合はどうでしょうか?



  ●11月14日   鵜の群れ

  霧多布岬の岩の上に、ウミウとヒメウの群れが集まっていました。
  岩が白く見えるのは彼らの糞です。
  昨年は数が少なかったので、今年は例年通りに戻りました。



  ●11月13日  こちらも久しぶり

  2羽のオオワシがポロト沼に現れました。
  1羽は電柱に、もう1羽は岸辺の流木の上にとまっていました。
  どちらも元気がなく、お腹がすいていそうそうでした。
  滞在は短く、いつの間にか姿を消しました。



  ●11月12日  久しぶり

  ポロト沼にタンチョウが現れました。
  最近は見かけることが少なくなったポロト沼のタンチョウ。
  今日は日中、ずっと沼で食事をしていました。



 ●11月10日  嵐の後に

  昨夜は絶え間なく強風と雨音が鳴り響いていました。
  夜中に何度も目が覚めるくらいに。
  一夜明け、風も雨も収まってきました。
  オジロワシのカップルが、やれやれといった感じで木にとまっています。
  ここで嵐をやり過ごしたのでしょうか?



  ●11月7日   ちょっとお疲れ

  シカの繁殖期が終盤を迎えています。
  案内舎から見える丘に、立派な角のオスジカがうずくまっていました。
  だいぶ疲れているようです。
  そばには若いオスがいますが、こちらは疲れていない様子。
  大人のオスは、この時期かなり疲れがたまっているようです。



  ●11月6日   戻ってきました

  今年もオオワシの季節が巡ってきました。
  例年であれば、10月中に姿を見せるのですが、サケの遡上が少ないためか遅れました。
  ようやく到着したポロト沼ですが、サケの姿がなく、がっかりした様子です。

  


ポロト案内舎
 〒088−1403 北海道厚岸郡浜中町幌戸126