The kiritappu region is located in the eastern part of Hokkaido.
This area has forest, river, wetland, cape, and sea.
Various habitats attract many species of birds.
About 200 species birds have been watched every year in this area.

 Especially Red-crowned Crane, White-tailed Eagle, Spectacled Guillemot, and Latham's Snipe were breeding in this area. You can watch those birds without spcial good luck.
 
 In winter You can watch Steller's sea Eagle, Whooper Swan,Harlequin Duck, and Brant.
Those birds were watched normally in Kiritappu.


Let's enjoy birding at Kiritappu.
 

Program details
Program Bird Watching Tour in Kiritappu
Program fee

12,000 yen for per person ( a group of 2-4 adults )
* 1 adult : 24,000 yen

Available time period

Year - round

Required time 5.5 hours
Requirements for participation Minimum participants : 1 person
Maximum participants : 6 person
Things to bring / required items Rain wear (separats top and bottom recommended)
Inccuded in this fee Guide fee, insurance
Not included in this fee Transportation to the meeting place ; personal spending, meal (lunch)
Meeting location and time Kiritappu Wetland Center or JR Chanai station on 09:30
Payment method Please pay onsite in cash or credit card
* Credit card : VISA MatserCard AMERICANEXPREE

Attention:

- Tour course and schedule may be altered depending on weather conditions.
- Follow the guide's instructions at all times during the tour.
- No smoking in car

Cancellation:

Cancellation fees apply as follows:
30% of program fee (10 to 4 days prior)
50% of program fee (3 to 0 days prior)
100% of program fee (no show)

Schedule
start: 09:30
Kiritappu wetland Center

Forest of Kiritappu→Cape KIritappu→Lunch→Kiritappu Wetland

                                         
finish : 15:00
Kiritappu wetland Center

      Inquire for reservation

Image photo
      

航空券はご自身でご手配ください。
  早割を使える日にあわせ、
  出発日を決めていただくとお得です。

*釧路駅集合も可能です。ご相談ください。


・旅行代金にふくまれるもの
食事(2朝食、3昼食、2夕食)、宿泊代、
3日間のガイド料、
保険料

・旅行代金に含まれないもの
航空運賃等の交通費、その他個人的な費用
・集合・解散
 釧路空港集合   1日目10:30分頃
 JR茶内駅解散  3日目13:30分頃

 道東の春から夏は、霧が出ることが多く、肌寒く感じることがあります。また、多少の雨でも野外を歩きますので、雨具のご用意をお願いします。足場の悪いところは歩きませんから、靴は普段散歩のときに履いているもので十分です。
・服装 風をさえぎることができる上着(雨具の上着が代用になります)、長袖、長ズボン。
・帽子
・雨具  上下にわかれているもの。
・虫除けやかゆみ止め。

服装・持ち物

 最終日は霧多布を味わってください。多種多様な花が咲くことで、花の湿原と呼ばれる霧多布湿原。湿原の木道でクシロハナシノブやエゾカンゾウ、ツルコケモモ、ノハナショウブなどの花に出会えることでしょう。釧路湿原とは違った趣がここにはあります。
 

霧多布を楽しむ

3日目
 海のそばに居ながら深山の雰囲気を味わえる不思議な空間にご案内します。
 まずは、落石(おちいし)岬を訪れます。岬には森と湿原が広がり、ゴゼンタチバナなどの高山に咲く花やルリビタキのさえずりが聞こえてきます。
 次は、春国岱(しゅんくにたい)を訪ねましょう。ここには、砂の上とは思えない深い森が広がっています。タンチョウをはじめとする多くの野鳥にも出会えます。

 この日は早めに宿に帰り、サウナや五右衛門風呂でのんびりくつろぎしましょう。宿の周囲にもたくさんの花が咲き、多くの鳥が暮らしています。昼間見た花や鳥との再会があるかもしれません。




風蓮湖周辺を歩く

2日目

 釧路湿原の温根内木道を歩きます。見渡す限りの緑の中に、色とりどりのの花が咲き乱れています。クロユリ、クロバナロウゲ、カキツバタ、タチギボウシなど、それぞれの花の見ごろは、一週間単位で代わっていきます。湿原の中に響くカッコウやオオジュリンの声が、北国の夏を演出しています。
 釧路から厚岸を経由して霧多布までの風景は、自然の多様性を感じさせてくれます。時期に合わせ、見逃せないポイントにも立ち寄ります。

 釧路湿原から霧多布へ

1日目

宿のご案内   ポロト案