秋・冬バードウォッチングツアー

2日間  39,000円/人  10月から3月実施    



*1名様から実施(4名様まで)
1名様のご参加の場合は70,000円になります



            秋は移動の季節。夏鳥が去り、北から冬鳥がやって来ます。
            秋は太古から続いてきた渡りのドラマを体感する旅です。

            冬は厳しくも美しい季節。遠い北国の鳥たちに出会えます。

               冬は野鳥の生きる力を感じる旅です。

             経験豊かなガイドとともに、
            森、湖、湿原、岬、港や雪原を訪ねる 
            バードウォッチングの旅です。


            冬の道東が初めての方、野鳥撮影の方、
            バードウォッチングをはじめたばかりの方、
            自然の中でゆっくり鳥を見たい方にお勧めです。

            霧多布、風蓮湖、根室半島を回る盛り沢山なコースです。 
            野鳥とのワクワクの出会いが待っています。

プログラム内容
プログラム名 秋・冬 バードウォッチングツアー
参加料金

2名様以上料金(お一人様あたり):39,000円
1名様のみ料金         :70,000円

開催期間

2016年10月1日〜2017年3月31日

所要時間 2日間
参加条件 最少催行人数1名(4名様まで)
当日必要な物、
ご用意頂く物
○防寒具:毛糸の帽子、厚手の靴下・手袋、ダウンジャケット等の上着、厚手のズボン。
○雨具(上下にわかれたレインウェアーがいいです)
○洗面道具、パジャマ(宿泊用)
料金に含まれるもの ガイド料、宿泊料(1泊、2食つき)、保険料
料金に含まれないもの 集合・解散場所までの交通費、昼食代、そのほか個人的な費用
集合場所

解散場所
■集合 1日目 JR浜中駅 午前9時41分
      *JR釧路駅8:18乗車 
■解散 2日目 JR茶内駅 午後2時42分
      *JR釧路駅15:51着
支払方法 当日、現金、もしくは、クレジットカードでお支払いください。
※使えるカードは、MasterCard、VISA、AMERICAN EXPRESSの3種類です。

注意事項:

○天候によりコース、スケジュールが変更になる場合があります。
○ツアー中はガイドの指示に従ってください。
○ツアー中の車内は禁煙です。
○JRの時刻は変更になる場合があります。ご利用前にご確認ください。

取消・変更:

お客様都合によるキャンセルは、実施日の10日前からキャンセル料が発生しす。
10日前〜4日前まで:体験料金の30%
3日前〜当日:体験料金の50%
連絡なしの不参加:体験料金全額


保 険
  ツアー中の事故には保険が適用されます。保険料はツアー代金に含まれています。
  死亡・後遺障害保険金額     600万円
  入院保険金日額         4,000円
    通院保険金日額        2,000円  
 *賠償責任保険1億円
 *車両保険 無制限 車内携行品保障30万円

            スケジュール 
                おおよその行程です。季節、 天候、道路状況、鳥の出現状況で変更になる場合があります。

1日目 JR浜中駅集合→風蓮湖周辺・根室半島→霧多布泊・ポロト案内舎
2日目 ポロト案内舎発→霧多布周辺→JR茶内駅解散
                  

 宿はポロト案内舎
  

      お問い合わせ       予約情報

月 別 情 報 見 ど こ ろ 気   象
10月 秋の渡りの最盛期。オオハクチョウやヒシクイ、カモ類が北から渡ってきます。ミサゴやオオタカなどの猛禽類との出会いも期待できます。
紅葉は20日前後。
晴れの穏やかな日が多い時期です。月平均気温は10.6℃。最高は14.8℃。最低は5.5℃。朝、夕は寒さを感じます。セーターやフリースが必要です。
11月 オオワシがやってきます。ポロト沼でも数羽のオオワシがサケを捕まえ食べる姿が見られます。コオリガモ、ホオジロガモ、クロガモなどの海ガモが見られるようになります。ハギマシコやユキホオジロなどの小鳥類もやってきます。 まだ、雪はありませんが、寒さが厳しくなり始めます。本州の真冬並みの寒さです。ダウンジャケットなどの本格的な防寒着が必要です。
12月 コミミズクやケアシノスリなどがやってきて、冬の鳥がほぼ出そろいます。オオワシ、オジロワシの数が増え、ツアー中いろいろな場所で見かけるようになります。 中旬ころの雪が根雪になります。本格的な冬の到来です。この時期、日没が早く、午後4時ころには暗くなります。寒さを強く感じるころです。
1月 海ガモ類が漁港に集まり始めるころです。雪と氷の中でのバードウォッチングを楽しむ季節になります。冬の厳しさの中でたくましく生きる野鳥を実感ください。シロハヤブサなどと遭遇するのもこのころからが多いようです。 気温がプラスにならない日が続きます。一年で最も寒い時期ですが、日差しが出てくるので、12月より暖かく感じます。晴天の穏やかな日が続くころです。
2月 オオワシが風蓮湖に集まるころです。年によっては、レンジャクの群れやベニヒワなどの小鳥の群れに遭遇します。流氷が根室海峡に入り込むのもこのころです。ウミスズメやケイマフリ、ウミバトなどの海鳥も期待できます。 寒さの厳しい日が続きますが、日が長くなったのを感じます。晴れた日は車の中にいると暑く感じるくらいです。雪目にならないようにサングラスが必要です。
3月 暖かくなるにつれ、小鳥類の動きが活発になり、さえずりが聞かれることもあります。オオワシの成鳥は中旬ころ繁殖地へ旅立ちます。 季節が動き始めたのを感じますが、大雪になることも。暖かい日があると思えば、真冬に逆戻りすることもあります。防寒対策は真冬仕様が必要です。

写真はイメージです
見られる可能性のある鳥は、時期によって変わりますので、お問い合わせください。

霧多布で越冬するタンチョウが見られます。 道東の広い景色の中でバードウォッチング
凍った湖や林にワシがいます。 冬のエサ台も観察ポイント。じっくり見られます。
霧多布はコクガンの越冬地です。 精悍な顔つきのオオワシ

      

航空券はご自身でご手配ください。
  早割を使える日にあわせ、
  出発日を決めていただくとお得です。

*釧路駅集合も可能です。ご相談ください。


・旅行代金にふくまれるもの
食事(2朝食、3昼食、2夕食)、宿泊代、
3日間のガイド料、
保険料

・旅行代金に含まれないもの
航空運賃等の交通費、その他個人的な費用
・集合・解散
 釧路空港集合   1日目10:30分頃
 JR茶内駅解散  3日目13:30分頃

 道東の春から夏は、霧が出ることが多く、肌寒く感じることがあります。また、多少の雨でも野外を歩きますので、雨具のご用意をお願いします。足場の悪いところは歩きませんから、靴は普段散歩のときに履いているもので十分です。
・服装 風をさえぎることができる上着(雨具の上着が代用になります)、長袖、長ズボン。
・帽子
・雨具  上下にわかれているもの。
・虫除けやかゆみ止め。

服装・持ち物

 最終日は霧多布を味わってください。多種多様な花が咲くことで、花の湿原と呼ばれる霧多布湿原。湿原の木道でクシロハナシノブやエゾカンゾウ、ツルコケモモ、ノハナショウブなどの花に出会えることでしょう。釧路湿原とは違った趣がここにはあります。
 

霧多布を楽しむ

3日目
 海のそばに居ながら深山の雰囲気を味わえる不思議な空間にご案内します。
 まずは、落石(おちいし)岬を訪れます。岬には森と湿原が広がり、ゴゼンタチバナなどの高山に咲く花やルリビタキのさえずりが聞こえてきます。
 次は、春国岱(しゅんくにたい)を訪ねましょう。ここには、砂の上とは思えない深い森が広がっています。タンチョウをはじめとする多くの野鳥にも出会えます。

 この日は早めに宿に帰り、サウナや五右衛門風呂でのんびりくつろぎしましょう。宿の周囲にもたくさんの花が咲き、多くの鳥が暮らしています。昼間見た花や鳥との再会があるかもしれません。




風蓮湖周辺を歩く

2日目

 釧路湿原の温根内木道を歩きます。見渡す限りの緑の中に、色とりどりのの花が咲き乱れています。クロユリ、クロバナロウゲ、カキツバタ、タチギボウシなど、それぞれの花の見ごろは、一週間単位で代わっていきます。湿原の中に響くカッコウやオオジュリンの声が、北国の夏を演出しています。
 釧路から厚岸を経由して霧多布までの風景は、自然の多様性を感じさせてくれます。時期に合わせ、見逃せないポイントにも立ち寄ります。

 釧路湿原から霧多布へ

1日目

宿のご案内   ポロト案